石本歯科クリニック

  • HOME
  • 医院紹介
  • 設備紹介
  • お問合せ

審美歯科

歯医者/歯科の予約はEPARK歯科

ホワイトニング

ホワイトニング

ホワイトニングというのは自分の歯を削ることなく白い歯の輝きを取り戻す方法のことです。

もちろん歯の表面に色を塗るわけでありません。

ホワイトニングジェルの成分から発生するフリーラジカル(活性酸素)により歯の中に染み込んでいる汚れを分解し取り除くことで歯の色そのものを白くすることが出来ます。ホワイトニングには診療室で行うオフィスホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニング、その両方をセットにしたパーフェクトシステム(オフィスホワイトニング3回+ホームホワイトニング1セット)という3つの方法があります。

ホームホワイトニング

一人ひとりにあったマウスピースとホワイトニングジェルで就寝中に行うため、人目に触れずにホワイトニングできます!

ホームホワイトニングには日本国内において多く使われているNight White Excel とホワイトニング効果の非常に高いOpalescence の2種類をご用意し、患者様のご要望によって使い分けを行っております。

Opealescence はその安全性をADA(米国歯科医師会)が認め、米国で信頼のある民間の歯科材料評価期間(REALITY)において最高の評価である5つ星を受賞している薬剤です。

 

ホワイトニング効果には個人差や同じ型の歯でも多少の差はありますが、ホワイトニング前と比べると明らかに本来の歯の白さを取り戻します。

オフィスホワイトニングの場合はその直後から、ホームホワイトニングの場合には約1~3週間で効果を確認できます。

ホームホワイトニングの流れ

1.口腔内診察

まず、虫歯や歯茎の治療が必要かどうかを診察します。

歯や歯茎が健康な状態でホワイトニングを受けていただきます。

そして現在の歯の色を確認し写真を撮って記録します。

2.クリーニング

外来性の着色であるタバコのヤニや茶渋などを歯科衛生士によるプロのクリーニングにより取り除きます。

3.ホワイトニングトレーの作成

歯型をとり専用のホワイトニングトレーを作成します。

4.ジェルの流し込み

トレーにホワイトニングジェルを流し込みます。

5.トレーをはめる

歯磨きをした後にジェルを流し込んだトレーをはめます。

6.余分なジェルを取り除く

やわらかいハブラシで余分なジェルを取り除きます。

口を2~3回すすぎます(すすいだ水は飲み込まないで下さい)。

注意事項

※2~3週間を目安にご使用いただくと最大限に効果が発揮されます(個人差があります)。

※ホワイトニング期間中は色の濃い食品の摂取をなるべく控えて下さい。(コーヒ、紅茶、お茶、コーラ、カレー等)

※ホワイトニング期間中はヤニが付着しますので、なるべく喫煙を控えて下さい。

※稀に知覚過敏の症状が出て冷たいものがしみる場合がございます。

 無料で知覚過敏処置をさせて頂きますが、症状が治まらない場合はホワイトニングを中断する場合がございます。

クラウン

歯の全周を約1~2mmの厚みで削り、その上にセラミックのかぶせもの(セラミッククラウン)をかぶせる方法です。

セラミッククラウンにはオールセラミククラウン(セラミックのみでクラウンを作る方法)とメタルセラミッククラウン(セラミックの内側に金属を使う方法)があります。

 

この治療法のメリット
  • 歯の色や白さを自由に変えられる
  • 治療後、変色や磨耗などが無く、長期間美しさが持続する
  • 虫歯などにより失われた部分がかなり大きい場合でも行える
  • ラミネートベニアによる治療法に比べ歯の形も大きく変えることができるので、ある程度までは
    歯並びやかみ合わせも整えることが出来る

歯のマニキュア(ホワイトコート)

歯を削ることなく天然歯や変色歯、差し歯も白い歯に改善できます。

 

 1.歯を削ったり、薬で沁みる心配はありません。

 2.希望通りの色調が選べます。

 3.1階の処置で完了します。

メラニン色素除去

歯肉・歯茎の黒ずみに悩んでいる方はいませんか?

この黒ずみはメラニン色素の沈着によるものです。

このメラニンを除去することでピンク色の健康的な歯肉がよみがえってきます。

 

メラニン除去には3つの方法があります。

 

 1.薬品を塗布する方法

 2.高周波を使う方法

 3.レーザーを使う方法

 

高周波とレーザーによる処置は痛みを伴うことがあるので

当院では2~3回かけて薬品を塗布する方法をおすすめしています。

施術前

施術前

施術後

施術後