石本歯科クリニック

  • HOME
  • 医院紹介
  • 設備紹介
  • お問合せ

小児歯科

歯医者/歯科の予約はEPARK歯科
小さなお子様も楽しくやさしく治療します小さなお子様も楽しくやさしく治療します

小児歯科は、お子様の成長発育にあわせたむし歯予防や歯周病(歯茎の炎症)予防、むし歯の治療、そして歯並びやかみ合わせの治療を通して、健全な永久歯列咬合を育成していくところです。

 

当院では、1回限りの歯科治療ではなく、お子様のかかりつけ歯科医として、適切な診断のもとに処置を行い、そして継続的な歯科管理と予防処置により、お子様の健全な歯と口の健康づくりを目指しています。

フッ素加工

フッ素は次のようないくつかの効果で
虫歯予防に役立っています。
Point1
エナメル質を強化する。
Point2
歯の再石灰化を促進する。(失われたカルシウムが再びもどる現象)
Point3
細菌の活動を抑制する。(虫歯の活動を抑制する)

 

定期健診

石本歯科では、4ヶ月ごとの定期健診を
おすすめしています。

(症状によっては前後することもあります。)

定期健診

●お口の中の変化を早期発見(早期治療)する。

●歯面清掃・シーラント・フッ素の塗布を行う。

歯磨きについて

歯の正しいみがき方歯の正しいみがき方

歯垢を常に取り除いていればむし歯にはなりません。実際は、きれいにみがきましたという人でも約85%しかみがかれていません。きちんとみがいているつもりでも、みがき残しは結構あるものです。“なくて七癖・・・”といわれるように人それぞれにも欠点があります。これは歯科衛生士に診てもらえばすぐにわかります。一度歯科衛生士に指導してもらいましょう。

歯をみがくタイミング

歯をみがく目的の1つとして【歯垢をとる】というのがあります。むし歯の原因である歯垢が歯に付着するのに約8時間、歯垢が固まり、歯ブラシでとれなくなるのに約24時間かかります。ですので1日1回徹底的に歯みがきをおこなえばむし歯は防げます。

しかし1回の歯みがきで歯垢を完全に取り去るのは難しいので歯みがきは毎食後おこなってください。就寝前は必ずみがくようにしましょう。昼間は唾液の分泌がさかんに行われ、細菌の繁殖を押さえます。しかし、寝ているときは唾液の分泌量が著しく低下し、細菌の活動が活発になるからです。

ハブラシの選び方
ハブラシはあまり大きくないものを!!
ブラシの植毛部が大きすぎると、口の中でこまかく動かせません。歯のすみずみ、とくに奥歯の方まで届く大きさのものを使ってください。
毛質はナイロン製が一般的!!
豚毛は泡立ちがよく、歯ぐきにもやさしいのですが、柔らかすぎて歯垢をとるには向きません。ナイロン製は品質にムラがなく、衛生的です。
硬さに気をつけて!!
歯垢をとるには、硬めのものがよいのですが、歯に炎症が起きているときは柔らかめのものにし、治りぐあいによって徐々に硬いものに替えていきます。